ダイエット腹巻「バリ汗スリム」

特にお金はかけようと思ってないのだけど、せっかく運動だし~と思って、オーソドックスなサウナスーツもどき、サウナ腹巻を買ってみました。
なんか楽天マラソンの10店舗達成させたいがための、「1000円ぽっきりだからいっか・・・。」って言う雰囲気に押されてポチってしまったって噂もあるけど(笑)

サウナ腹巻の下にTシャツを一枚着込んでズンバを20分少々・・・。
いや、まんま効果ありますよ。
ただ生活してるだけでも普通に汗かくなこれは。
なので少し運動しただけでも、効果は抜群です。
それが体重やらプロポーションやらの数字に反映されてるかどうかって言ったら・・・!?
ですけど、まぁいいの、運動やってこなかった頃に比べたら格段に体力ついたはずだから!!

ちなみに運動をする環境ってエアコンをつけて、身体を温めた状態から始めた方が効果が高いそうなので、私はこの真冬、たとえ1分で汗をかく環境でも普段快適に過ごせる温度の環境でやっています。

汗をかくことに効果が高いのが運動と言うことなので、その補助の一環としてこのサウナ腹巻を使っていきたいと思っています。
ただめっちゃ汗かくので、毎日のご利用は無理っぽいので、効果次第で買い足しを検討しようと思います。
買い足すほどに効果があった時は、また改めて記事にしたいと思います。

そうそ、これを機会に自分の気持ちを整理してみました。
なので、今日の記事は少々長いです。

私のダイエット、一体どうしたいのか。
そう、ダイエットとは言うけど最初から言ってるけど、ここ重要「体重は気にしない。」
体重はどうでもいい、まずの基本は自分のライフスタイル。
子育てを言い訳にした自分のだらけきった気持ちのリセット、心のダイエット。

1.脱脂肪。プヨプヨ脱出。(言い訳の結果の脂肪)
2.下半身(ウエストから下)を一回り細く。
3.すぐに休憩したくなるだらけた身体をハツラツな身体に変える。
(子育て・・・と言うより子供で疲れたを言い訳にしないよ!
子供を見る→子供と楽しむ、そのための体力づくり
4.凹凸のある身体。
5.夏に色々露出しても大丈夫な程度の身体(自己判断だけど笑)。

この、2の下半身のどこをどうなりたいか、が常に頭にあって。
掘り下げて考えた結果。

ヒィィィップゥゥゥゥ!!!!と声を張り上げるほど第一位の部位となりました。

私、実はケツがないのです。
ケツが無いって意味わかります?
あのプリっとした、桃は、私には存在しません。
もうむしろ、お尻部分からずっと太ももなんではないのでしょうか、みたいな。
太ってるからデカケツとかそういうのではなく、お尻の肉がないのです。

すーっと太ももにフェイドアウトするようにケツがないのです。
座った時にすでに肉がなく、尾てい骨がゴリっといっちゃうなぜか四角いお尻様、これが一番自分の中でなさけない部位なのです。
毎日毎日、3兄妹の素敵なプリケツ見てると、心がきゅーっと締め付けられるのです。
私には尻が存在しないんだなと。

そう、私はスキニーが流行った時も似合わな過ぎてやめたんだった。
下半身が太いからって思ってたけど、やっぱだらけきった尻見たからだったのかも。
記憶改ざんしてたかも!(笑)
と、言うことで、まずはお尻から。

そして今後の目標は、

「スキニーの似合う下半身になる!!!」

これだな。流行に乗れなかった自分に後悔してるのかな(笑)
自分、基本だらけきったジーパンしか着用しないしね。

となると、目標となるスキニーを買わなくちゃな。
それでビフォーアフターしたら楽しそうかも。
ふふふ。
ただいま楽天マラソン・・・、楽天サーフィン・・・(笑)

毎日続ける。

2019年1月。
とりあえず、まずは、なんでもいいから身体を”毎日動かす、そして毎日続ける。”
これを今月の目標にしたいと思っています。

いきなりガッツリ行こうと思ったところで、脳内の自分と現実の自分のギャップに絶対挫折しちゃうと思う。
そう運動会の日に大コケするお父様方と一緒で(笑)

そんなわけで、今回はまず”毎日運動を続ける”と言うことに慣れること。
なので、言い訳をして投げ出さないために(意志がかなり弱めなんで、自分笑)そのほかはALLフリーで、食事制限や睡眠前何時間は食べないなどの制限も一切つけないで行きたいと思います。

ほんと、おばあちゃんのリハビリみたいな感じだけど、”日々の生活と家事のみが唯一の運動、子供の公園遊びも棒立ちで見守る” → ”1日10~20分、自分の運動する時間を作る、公園行ったら10分でよいから子供と身体を動かして遊ぶ”をまず一番最初の目標にします!!

ほんと、緩い(笑)

とりあえず

お約束のように、産前産後で体重は元より体形が大幅に変わりました。

現在ジャスト40歳。既婚者、子供3人。

モテとか気にしないし、他人の目も大して気にならない、自分が見てるのは自分ではなくて、子供ばかり。

だから体重はそこまで気にならないのです。
乳幼児持ちの方には賛同してもらえると思うけど、欲しいものは体力!が1番だし(笑)

でもでも、そこまでいろいろ自分と言うものは捨てきれない・・・!
やっぱり気になる。たまに子供とうつる写真や鏡(笑)
自分は一眼レフが趣味なので、よく撮るけど撮られることが滅多にない分、たまに映り込んでしまった自分に大いにショックを受ける・・・!

正直、醜い。

お肌もボロイし、体形もグダグダ。ぐずぐず。

頭の片隅に常に、老化を認めきれない自分がいて、でも認めている自分がいて。

子供によく言うんですよ。

やらなきゃ何も変わらないよって。とりあえずやってみようよって。

だからとりあえずやってみることにしました。

と、言うかですよ。
40歳。って30歳になった時、アラフォーと呼ばれる35歳になった時より、もっと!、もっと!何か!変わらなくちゃ!と駆り立てる数字です(笑)